本当にこわい痛風

Just another WordPress site

本当にこわい痛風
未分類 | 01月01日更新

痛風を予防しよう

現在、痛風患者は60万人いると言われていますし、痛風予備軍は600万人もいると言われており、痛風は増加傾向にある病気なのです。
また、中高年の男性に多くみられる病気でしたが、最近では若い方や女性にも増えていて、決して他人事の病気ではないのです。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

痛風の薬とは

体内の尿酸量のバランスが崩れて血液中に増え、それが関節内に漏れ出して結晶化することにより引き起こされる関節炎が「痛風」です。
多くみられる症状は、足の親指の付け根が赤く腫れて激烈な痛みで2、3日は全く歩けなくなるほどの疼痛発作が出現しますが、1週間から10日程度経過すると症状が治まります。
しかし、半年から1年後に同様の発作が起こって、発作を繰り返すうちに足首や膝の関節まで腫れはじめますし、発作間隔も徐々に短くなってしまいます。
このような痛風発作に対する治療は、基本的に急性発作の治療と高尿酸血症の治療の2つです。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

治療方法

痛風の具体的な治療の流れとしては、痛風発作が起きている場合には炎症と痛みを抑えることから始めます。
この関節炎の治療に使用する薬には2種類あります。
ひとつは発症を回避したり中断させたりする痛風初期に効果的な「コルヒチン」で、もうひとつは激痛時の差し迫った痛みを軽減する「非ステロイド性抗炎症薬」「副腎皮質ステロイド」などの抗炎症薬です。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

何科を受診すればいい?

痛風はどの科が適切なのかは分かりづらくて、「痛風は何科を受診すれば良いの?」と言う方も多いかも知れません。
その理由は、痛風を発症する原因が高い尿酸値で、症状が関節の痛みや腫れだからで、「内科なのか?」「外科や整形外科なのか?」判断しにくいかも知れません。
そこで「何科を受診すれば良いのか?」の答えは、痛風はあくまでも代謝の病気なので、まずは内科を受診すると良いと言うことです。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

痛風と食事

痛風の主な原因として考えられるのは、食生活・飲酒・ストレス・行動パターンなどの「環境要因」で、生活習慣病のひとつであると言われる理由もこの点にあります。
特に、食生活の乱れが原因で発症する病気と言われていますし、治療法も「食事療法」がメインになります。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

痛風の原因

痛風の患者数は現在約60万〜70万人と言われていて、さらに痛風予備軍と言える痛風の前段階である高尿酸血症の人は約600万〜650万人と推定されています。
また、40歳以上の男性に多く見られる症状でしたが、最近では20代後半の若い人や女性にも痛風の人が増えています。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

痛風の症状

「風に吹かれただけでも痛い」と言うことから名前が付けられたと言われている「痛風」ですから、その代表的な症状は何と言っても「痛み」です。
しかも患部が赤く腫れ上がって締めつけられるような激しい痛みで、足を動かすこともできない程の激痛です。
この症状が3日程度続いて、その後は10日もすればウソのように症状が回復します。
しかし、治療をしないでそのまま放っておくと半年から1年ごとに症状を繰り返して、症状が現れる部位も広がり症状が現れる間隔も短くなっていきます。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

痛風の初期症状

「高尿酸血症」と診断されると痛風を発症する可能性が高く、起きるまでの期間は短くて2〜3年で、通常は5〜10年と言われています。
ただ高尿酸血症と診断されても尿酸値が高いまま痛風が起きない方もいますが、腎臓障害や尿路結成など他の病気が進行していく可能性も考えられるので安心はできません。
いずれにしても痛風の初期症状を見逃さないことが大切で、初期症状の段階で病院へ行き診療と治療をすることで重症化を防ぐことができますし合併症の予防にもつながります。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

痛風とは

痛風とは、溶けきれなくなって体の中に溜まった尿酸が体内で針状の結晶になることで、激しい関節炎を伴う症状になる病気です。
体温の低い部位ほど尿酸が析出しやすいために、初期症状で約70%以上の人が足の親指の付け根に溜まって、足の親指の付け根が赤く腫れて熱を伴う激しい痛みに襲われます。
続きを読む

未分類 | 01月01日更新

正しい知識で痛風予防

ある日突然激しい痛みに襲われる病気が痛風で、ひと昔前までは「贅沢病」と言われていましたが、今では極一般的な現代病で生活習慣病のひとつとなっています。
食生活が欧米化していることもあって、現在痛風の患者数は30〜60万人と推定されていますし、その数は年々増加傾向にあります。
また男性に多くみられる症状で、日本人男性の3〜5人に1人は将来的に痛風になる危険がある「痛風予備軍」とも言われています。
ただし、最近では若い人や女性にも痛風になる人が増えていて、誰もが通風を発症する可能性のある身近な病気と言えるでしょう。
続きを読む